禁煙の成功の近道

禁煙!禁煙!と謳われる世の中ですが、実際に喫煙歴の長い人にとってはそんな謳い文句は耳に入ってこないでしょう。では禁煙に成功した人が「禁煙しようと思ったきっかけ」は何なのでしょうか、それを知ればあなたもタバコをやめられるかもしれません。

禁煙に成功したい男性のイラスト画像

禁煙成功者に聞く!禁煙しようと思ったキッカケ

タバコは吸い始めるのは簡単でも禁煙するのは難しいという悩ましい存在です。
すぐ禁煙を始めたいと思う人は多くとも、その中で実際にタバコをやめることができたという人は一握りしかいないことでしょう。
ではそうした一握りの成功者が禁煙しようと思ったきっかけとしてはどう言ったものがあったのかと言うと、特に多いのが「記念となる日があった」というものです。
初めての子供が生まれた、結婚した、三十歳になったといったように、人生でそう何度もない記念日に合わせて禁煙を始めた人は、その記念日が価値あるものであるほど成功率が高くなる傾向にあります。
特に子供が生まれたということになると生まれたばかりの赤ちゃんにタバコの煙を吸わせたくないということで禁煙を志す人は多くなります。
また「病気が発覚した」ということも、タバコを断ち切るきっかけとしてはかなり大きなものです。
特に多いのが肺がんなどのがんですが、がんが見つかって回復したことで「もう二度とあんな病気にはなりたくない」としてタバコを断ち切ったというひとも多く見受けられます。
また病気で家族に心配をかけてしまったなどのことで目が覚めたようにタバコを吸わなくなったという人もいますから、こうしたことはやはりきっかけとして大きいものだと言えるでしょう。
ただこうしたきっかけは成功者のなかでも明確に理由があった人が口にすることです。
実際にはなんとなくタバコをやめようと思ってなんとなくそのまま続いてしまったという人もいますので、こういった劇的な理由がないとやめられないというのは甘えとも見られるでしょう。
ただ大きな理由があればそれだけ禁煙への意識は高くなりますから、もし記念日があったのであればそれを機に禁煙に挑戦することをおすすめします。