禁煙!禁煙!と謳われる世の中ですが、実際に喫煙歴の長い人にとってはそんな謳い文句は耳に入ってこないでしょう。では禁煙に成功した人が「禁煙しようと思ったきっかけ」は何なのでしょうか、それを知ればあなたもタバコをやめられるかもしれません。

2016年08月の記事一覧

心因性の病気を呼ぶ煙草は東急ハンズグッズで禁煙

研究の結果、喫煙の習慣がある方は禁煙者や非喫煙者に比べて骨密度が低くなるということがわかりました。
現在は、全く健康に問題が無いとしても近い将来骨粗しょう症に見舞われる可能性が高いということです。
当然、喫煙特有の心因性の病気に見舞われる恐れもあるため、様々な好ましくない事案に悩まされることになります。
そもそも、禁煙しない場合骨粗しょう症になるのは体内においてカルシウムの量が減ってしまうためです。
喫煙すると身体の中にニコチンという有害物質が入ることになります。
ニコチンが体内に行き渡ると体中の血流が悪化するので、胃腸の動きが悪くなってしまいます。
胃腸の調子が悪くなると食欲が低下するため物理的に食事を摂ることができなくなりますし、腸がカルシウムを吸収するという動きも低迷してしまうのです。
女性の体の場合、女性ホルモンの中に含まれているエストロゲンという物質がカルシウムの流失を予防しているのですが、タバコを吸うことによりエストロゲンの分泌量が低下してしまうので骨密度が低下します。
しかもホルモンバランスを大きく乱してしまうので体調不良に見舞われることも多くなります。
さらにタバコを吸い続けると体内において活性酸素が過剰に分泌されてしまうことも判明しています。
健康的な肌を生成するためには活性酸素は好ましくないので早急に禁煙を考えるべきなのです。
東急ハンズなどの雑貨販売店には数多くの禁煙対策グッズが取り扱いされているので、自分の状態に適切な物を選定し活用することにより禁煙が達成できる可能性が高まります。
骨粗しょう症になると問題ない行動でも骨折することがあります。
非喫煙者に比べて2倍も骨折する可能性が高まるので、すぐにやめることが求められます。

続きを読む